SEDIA SYSTEM

新卒採用 水と住まいの事業部

MENU

選考関連情報

採用までの流れ

採用までの流れ採用までの流れ

  • 募集要項募集要項
  • 採用FAQ採用FAQ

水と住まいの事業部:戦略と求める仕事像

お客様には、売ってはいけない。
自分を最初に思い出してもらって、買っていただくこと。

『専門性』と『利便性』を徹底的に磨く、
お客様から選ばれるこの差別化こそ強み。

100万点という膨大な商材。552という拠点。その数の意味というのが大切なのです。
まず、この膨大な数を取り扱えるからこそ、お客様がどんな商品をほしいと言われても応えられるし、比べて確かめたいというご要望にもお応えできる、しかも、全国どこででも調達できるので、きわめて便利だという評価をいただけます。また、お客様が相談したいという場合も出てきます。この工事には何が最適なのか、新しいいい資材がないのか、さらに、工事概要やスケジュールを見て、もっと良い手順や資材準備など専門的な提案ができたら、信頼感は圧倒的に増していきます。このように、私たちは、あらゆる資材をワンストップで提供する業界の流通改革に相当の年月とエネルギーをかけました。社員の専門性を磨くためにも、3~5年かけてその資材の特性や使い方、工事への利用手順などをじっくり理解してもらいます。企業の強みというのは、そういう長期ビジョンに沿ってお客様に買っていただく仕組みを作りながら、一方、社員の皆さんが学び、自分に付加価値を付けて、それを発揮するよう育てていくことなのです。

お客様からお声がかかるように、
今日一日何をするかを考える。

営業担当者の基本スタンスは「売らない」ことです。大切なのはお客様に「買っていただく」ことであり、サービスの持続性と信頼なのです。たとえば、「細かいパーツ、1個持って来い」と電話が入ったらチャンス!そんなときはすぐに行くのが大事です。たった1個に困っているからこそ、確かなところに連絡が入る。つまり、お客様は自分の頭に最初に浮かんだ営業担当からしか買わないのです。したがって、その対応がいいとか、好きだとか、最初に頭に描いてもらうために、日頃から何を提供しているかが決め手になるのです。
そこで、当社ではセールやキャンペーンは全面禁止であり、きちっと相手を見てこまめに仕事を進めることを重視します。すると、「キミのところから買う」と自然になっていくのです。モノを売るから『値段』の判断になる。大事なことは、自分の『価値』を売ることなのです。

売上5000億規模は可能。

近未来の事業展開として想定しているのは、製品と顧客という2つの軸に、3つ目の軸・・・電材や建材といった従来の管材とは異なる業界の商品流通分野を加えていくという3次元の戦略です。そうなれば、優に5~6000億円まで市場の可能性は広がります。ただし、ますます『専門性』を問われることになるでしょう。ランニング・コストやイニシャル・コストを計算して、市場比較し、エンドユーザーへのプレゼンシートまで提供する。物を買っていただくための付加価値として、お客様のプロジェクト・チームの一員となっていくことになるでしょう。当社の社内にも、メーカーに代わる専門部隊がスマホやタブレットで瞬時に知識を補完するといった営業体制が必要になってくるに違いありません。

事業内容

事業内容 上下水道インフラや住宅建設に欠かせない資材・部材をワンストップ、ジャストインタイムで提供する専門商社です。事業内容 上下水道インフラや住宅建設に欠かせない資材・部材をワンストップ、ジャストインタイムで提供する専門商社です。

会社データ

会社データ データから見える、渡辺パイプのリアルな実力 ●会社をひもとく ●水と住まいの事業部をひもとく ●グリーン事業部をひもとく会社データ データから見える、渡辺パイプのリアルな実力 ●会社をひもとく ●水と住まいの事業部をひもとく ●グリーン事業部をひもとく

先輩メッセージ

PAGETOP